Blog Posts

EPrescribing Market Trends and Forecast

Posted by AV on September 23, 2021 at 5:51am 0 Comments

EPrescribing Market is expected to value over USD 3.9 billion by 2027 end at a CAGR of over 23.1% during the forecast period 2020 to 2027.

FutureWise research has revealed a report that analyzes EPrescribing Market trends that shall have an effect on the market growth. The report includes elaborated data on SWOT analysis, profit, market share, and regional analysis…

Continue

Mass Notification System Market -Trends and Forecast to 2027

Posted by Dipti R on September 23, 2021 at 5:51am 0 Comments

Mass Notification System Market Scenario:

Mass Notification System is a platform which sends one-way messages to individuals or groups such as customers, employees, citizens, and government officials to keep everyone informed about any event, emergency or disaster. The key factor that fuels the growth of Mass Notification System Market is high demand for public safety and security solutions across various industries in case of any unexpected event.

Mass Notification System Market…

Continue

LLB - The New Faces of the Legitimate Career

Posted by se on September 23, 2021 at 5:51am 0 Comments

EWP (Expertise Internet site Presence) was produced as a Sales-strategic Web site design for Support Industry verticals like Finance, Appropriate, True Estate, Medical, etc. EWP is really a new WEB-Type design betting on a altered Wiki DB with a monster, minimal maintenance SEO providing and Social Network multi-process integration functionality.

The brand new Web psychology for the Company Market needs substantiating sales claims ("We're good!"), and experience via EWP substantiates…

Continue

fkrjdgeb

Posted by Richard on September 23, 2021 at 5:50am 0 Comments

@utixupeking80 #news 7842 SNVSBXOKLH @nenywhinkith59 #adobeillustrator 6829 RRXXOWBXTW @ybeshopa64 #florida 1820 ABMUERFSWR @zokipote3 #summer 543… Continue

開発プロセスとも呼ばれます

かつてないほど大きく、進化しています。しかし、この開発はどのようにして生まれたのでしょうか?ダッチワイフは元々どこから来たのですか?

物語によると、リアルなラブドールの歴史は2000年以上前にさかのぼります。紀元前8年に出版された詩と神話のコレクションであるローマの詩人オウィディウスには、ピグマリオンの物語も含まれていました。物語の中で、キプロスの王で彫刻家のピグマリオンは、ガラテアと呼ばれる美しい少女の像を彫り、彼女に恋をし、彼女が命を得ることができることを望んでいました。ガラテアが女神アフロディーテに命を吹き込み、ピグマリオンと一緒に眠ることができたとき、彼の願いは叶いました。

他の人々はまた、本物の 人気 ラブドール https://www.otonadoll.com/middle-breasted-love-doll.html の最初の先駆者と見なされている17世紀のオランダの船員について報告しています。彼らの長い旅の中で、彼らは性的な仲間を探し、古着やぼろきれから最初の原始的なダッチワイフを作ったと言われています。このように、人形はこれまで長い道のりを歩んできました。他の2つの用語はより一般的ですが、これは「ダッチワイフ」という表現の由来であり、 等身大ドール https://www.otonadoll.com/life-size-love-doll.html やラブドールの代わりに使用されることもあります。

歴史家がOvidの詩なのかオランダの船乗りなのかは不明ですが、1つはっきりしているのは、人間は何世紀にもわたって美しい男性と一緒にいて、人々を社会的にするために女性を作りました。

1908年、ドイツの精神科医イヴァンブロッホは、彼の著書「セックスドール」で初めて言及しました。これはゴム製で、世紀の変わり目にパリで販売されました。これらの本物の人形のそれぞれは、医者によって個別にあるべきです。

本当の愛の love doll https://www.otonadoll.com/love-doll.html

ドイツのシュールレアリストのハンス・ベルメールは、1930年代に彼らのダッチワイフのために「現代のダッチワイフの父の姿」と呼ばれました。同様に、国際的なアートシーンはセンセーションを巻き起こしました。この時、他のメーカーは本物の人形を作るためにビニールとラテックスを使い始めました。しかし、ダッチワイフの製造と販売は秘密の活動でした。ダッチワイフの広告が売られただけでなく、理髪店、パブ、売春宿など、男性がよく訪れる場所を中心に、カタログの秘密の配布に限定されていました。

これは、1968年にアメリカのポルノ雑誌が初めてダッチワイフを適用したときに突然変わりました。そして、通販で注文することもできます。 70年代のシリコーンの使用は、その後、非常に高品質のラブドールへの変容をもたらしました。

1980年代後半に政府が性的物品の輸入に関する規則を変更したため、より革新的な性的人形がついに英国で提供されました。ダッチワイフ業界は、1990年代にイノベーションの新たなマイルストーンを打ち立てました。アーティストのマット・マクマレンは、おそらく最初の真にモダンなダッチワイフを作成しました。

しかし、ダッチワイフ産業の発展への最大の貢献はインターネットの発明でした。突然、世界中のプロデューサーとセックスドールの購入者がオンラインでつながり、市場で入手可能な最新モデルについて話すことができました。セックスドール愛好家のためのコミュニティがありました。インターネットはまた、選択がはるかに多かったので、セックス人形を購入するプロセスをはるかに簡単にしました。

今日、リアルラブドールはかつてないほどリアルになっています。ドールクラブのような豪華な本物の人形は、信じられないほどリアルな肌をしており、さまざまな品種、髪の色、ドレスがあります。その間、お客様は自分のアイデアや好みに合わせて自分の人形を作る機会さえあります。

プレイ可能なDSドールの近い将来、この技術はロボット工学の製造に欠かせない重要な部分となるでしょう。

Views: 1

Comment

You need to be a member of On Feet Nation to add comments!

Join On Feet Nation

© 2021   Created by PH the vintage.   Powered by

Badges  |  Report an Issue  |  Terms of Service